化粧水は、洗顔後の素肌に、とりあえず一番に付ける基礎化粧品

化粧水の効果は、お肌を保湿して、キメを立てる行為。洗顔後のお肌は、保湿に必要な成分や油分も変色と共に落とされてしまった不安定なシチュエーションです。ここに、化粧水ですかさず水分と保湿成分を償うため、お肌に潤いを加え、貫く美液なども浸透しやすい状態に整えます。

水分を賄う結果ならと、ただの水を肌に塗り付けたところで、外側が濡れるだけですよね。化粧水の成分も、パーセンテージ的には水(精製水)が7~8割を占めていますが、お肌を保湿するための成分として低い分人で普及能力の良いグリセリンやベタインなどや、量分人で外側にとどまり水分の蒸発を防ぐヒアルロン酸やコラーゲンなどをバランス良く含有することで、お肌に馴染み易く浸透しやすい段取りがされています。

化粧水の種類と選び方

化粧水は目的別に様々な種類があります。保湿意外にとりわけ目的の薄い「素人肌スペック化粧水」、変色・そばかす対策や美貌白を目的とした「美貌白化粧水」、ひびやあかぎれ対策には「アルカリ性化粧水」、キメを備え付ける「収斂(しゅうれん)化粧水」、古くさい角質や汚れを除去する「取り去り化粧水」、「面皰スペック化粧水」、「プレ化粧水」、などなど。www.mottirijel.com/